乾燥肌が変わる⁈ 腸内環境が乾燥肌に与える影響は?

こんにちわ。
しおと月が満ちたです。

40~50代女性の気になる肌の悩みのひとつに「乾燥」という報告があります。
肌が乾燥するとバリア機能が低下して、紫外線のダメージを受けやすい状態になり、シミの原因となるメラニンが過剰になり、メラニンが排出されないことによりシミの悪化に繋がって行くのです。
乾燥しないためには保湿ケアが直接的には一番です。
でも体の中から乾燥肌を改善していくことにより、健康も手に入れられたらとてもうれしいですよね。

腸内環境をはじめ体中の環境を整える

腸内には多くの細菌が棲んでおり、善玉菌と悪玉菌と日和見菌がちょうど良いバランスで保たれているのが健康な状態です。
しかし、そのバランスが崩れると悪玉菌が増え、肌荒れや便秘、感染症などを引き起こしてしまうことがあります。
腸内環境が悪化すると、血液を通して全身に有毒ガスや活性酸素が運ばれ、お肌にも影響を与え、乾燥、くすみ、敏感肌、吹き出物等の原因にもなります。

必要な栄養素を体内に取り込む

腸内環境を整えるとは、善玉菌を増やすことでもあるのです。
腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌が好む食べ物を毎日の食事でとることが大事です。
腸内細菌が喜ぶ食べ物は、食物せんいです。
他にはレジスタントスターチ=難消化性でんぷんです。
つまり、冷ごはんです。
日本人は、むかしからおにぎりにして食べていましたね。

腸内環境を整えるための食材

腸内環境を整えるための食材をまとめてみました。
1.発酵食品
 納豆、味噌、酢などの発酵食品に含まれる乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる。
2.食物繊維
 食物繊維は腸内の悪玉菌を減少させたり、有害物質を減らしたりする働きがある食物繊維には2つの種類をバランス良くとることで腸内環境を整えてくれる。
不溶性植物繊維:さつまいも、きのこ、わかめ等
水溶性植物繊維:りんご、キウイ、ほうれん草、おくら

腸内環境が整うと免疫力もアップして心身の健康にも良い影響を与えてくれます。
さらに乾燥肌に悩むこともなくなります。
腸内細菌の喜ぶ食事をとりましょう!!

プロフィール
この記事を書いた人
しおと月が満ちた

事務のお仕事を25年以上してきた私が、
新しいことにチャレンジしたくて脱サラしました!!
長年、アトピーやアレルギー性鼻炎に悩まされて来た経験を活かして、誰かのお役に立ちたいと思っています。
現在、夫と娘、猫2匹と暮らしています。

しおと月が満ちたをフォローする
雑記
しおと月が満ちたをフォローする
しおナビ
タイトルとURLをコピーしました